大阪吹田市・江坂で美容皮膚科・一般皮膚科なら『江坂クリニック』へ

Instagram(お知らせ)
電話予約

水虫

水虫について

 

水虫とは

水虫は、特に皮膚の表面に生息する白癬菌という真菌によって引き起こされる皮膚症状の一つであり、これはカビの一種です。この病気は特に足に多く見られ、日本人の4人に1人が一度は経験すると言われるほど普及している皮膚病です。

白癬菌は、人間の身体の様々な部位に感染する能力を持っており、その中でも足に感染するケースが60%と最も多く、これを足白癬と呼びます。次に多い感染部位は爪で、これを爪白癬と呼び、全体の約34%を占めています。さらに、身体の他の部分、特に体の部位や股間部にも感染する可能性があります。

水虫の原因

水虫の主な原因は、特にケラチンを栄養源とする白癬菌(カビの一部)の感染です。この菌は皮膚の角層に寄生し、特に高温で湿った環境を好みます。

足白癬と呼ばれる皮膚症状は、白癬菌によるものが最も一般的です。特に靴や靴下を長時間履いていると、菌が増殖しやすい環境が作られます。この感染症は人から人へと広がり、家庭内や公共施設の共用スリッパや足拭きマットから感染することもあります。足白癬が長期間続くと、菌が爪の下へと進入し、爪白癬に発展する可能性があります。

PAGE TOP