大阪吹田市・江坂で美容皮膚科・一般皮膚科なら『江坂クリニック』へ

Instagram(お知らせ)
電話予約

単純ヘルペス

単純ヘルペスについて

 

単純ヘルペスとは

単純ヘルペスウイルス感染症は、通常、HSV-1型またはHSV-2型という2種類のウイルスによって引き起こされる皮膚や粘膜の炎症疾患です。これらのウイルスは皮膚や粘膜に感染し、水疱やただれとともに発熱や痛みなどの症状を引き起こします。初回感染時には、免疫がまだ完全に機能していないため、全身症状が表れやすく、病状が重くなる可能性があります。

HSV-1型は主に口唇、口腔、目などの顔や上半身で発症し、口唇ヘルペスやヘルペス角膜炎、歯肉口内炎などを引き起こします。

一方、HSV-2型は主に下半身で発症し、性器ヘルペスを引き起こします。最初に感じる症状は、ひりひりとした痛みやかゆみで、その後、患部に細かい赤い水疱が出現します。これらの水疱は0.5~1.5センチの大きさを持ち、場合によっては合体して潰瘍を形成することがあります。

 

単純ヘルペスの原因

感染の主な原因は、ウイルスを保持・排出している人との接触や飛沫によるものです。

初回感染では、皮膚の傷や口・目・性器の粘膜からウイルスが侵入し、神経節にまで広がることがあります。ここで、無症状の場合もあり、再発時に初めて症状が出ることもあります。しかし、乳幼児や免疫力が低下している人は、強い初期感染症状を呈することがあります。ウイルスの遺伝子は神経節細胞に残留し、再発を引き起こす可能性があります。

単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、直接接触だけでなく、食器やタオルにウイルスが付着することで、家族や同居人に感染することがあります。自己感染、例えば口唇ヘルペスに触れた手で目をこすり、ヘルペス角膜炎を引き起こすこともあります。

また、くしゃみや咳、会話による飛沫によりウイルスが飛び散り、近くの人が皮膚や粘膜に触れることで感染することもあります。

HSV-2は主に性行為により感染し、コンドームを使用しないと感染する可能性が高くなります。

再発性の感染症で、知覚神経節細胞にHSVウイルスが潜伏し、心身の過労やストレス、免疫力の低下、強い日焼けや刺激、発熱などで再発することがあります。通常、再発時の症状は初回よりも軽度で、経過と共に頻度も減少します。

PAGE TOP