大阪吹田市・江坂で美容皮膚科・一般皮膚科なら『江坂クリニック』へ

Instagram(お知らせ)
電話予約

水イボ

水イボについて

 

水いぼってどんな病気?

「水いぼ」は、伝染性軟属腫ウィルスによって引き起こされる皮膚疾患の一種です。このウィルスは、皮膚の小さな傷や毛穴を介して侵入し、皮膚の細胞に感染します。感染した細胞内でウィルスが増殖し、その結果、いぼが形成されます。潜伏期間は、2週間から数か月とされており、水いぼが潰れると、そこに存在するウィルスが自分や他人の皮膚の傷や毛穴に接触することで感染が広がります。皮膚の接触やタオルの共有などが感染の主な経路とされています。

 

どんな症状なの?

皮膚と同じ色の1〜5mm程度の隆起が多数出現します。感染の初期は小さく、徐々に大きくなりますが、通常1cmを超えることはありません。水が入っているような光沢のある柔らかいいぼで、痛みやかゆみはありません。いぼが大きくなると、中心部がへこんできます。これも一つの特徴です。​いぼをぶつけたり、引っかいたりすると水疱が壊れ、炎症が起きてから徐々に消えます。時には、その炎症が化膿することもあります。消えていく速度よりも、発疹が次々と広がっていく速度のほうが速く、一定期間その数は増え続けます。しかし数か月すると、その広がりは止まり、自然と消えていきます。体内の免疫反応によって消失すると考えられていますが、免疫反応の詳細についてはまだ解明されていません。

PAGE TOP