大阪吹田市・江坂で美容皮膚科・一般皮膚科なら『江坂クリニック』へ

Instagram(お知らせ)
電話予約

接触皮膚炎(かぶれ)

接触皮膚炎(かぶれ)について

 

接触皮膚炎(かぶれ)とは

接触皮膚炎は、個々の人にとって刺激的な物質が皮膚に接触した結果として引き起こされる炎症の一種であり、特に湿疹の形成が特徴的です。この炎症は皮膚の防御メカニズムの一部として発生し、体が有害と認識した物質に対抗しています。

接触皮膚炎の症状は、ヒリヒリとする感じや痒みが伴い、これらは炎症が進行するにつれて増大する可能性があります。これらの症状は、皮膚の表面の細胞が刺激物に反応して腫れ、赤くなる、または剥がれることによって引き起こされます。

接触皮膚炎(かぶれ)の原因

接触性皮膚炎は主に4つのタイプに分類されます: 刺激性接触皮膚炎、アレルギー性接触皮膚炎、光接触皮膚炎、そして全身性接触皮膚炎。

①刺激性接触皮膚炎

これは、刺激物質が皮膚のバリアの弱い部分を通過して炎症を引き起こす状態を指します。通常、皮膚角層のバリアは刺激物質の侵入を防ぎますが、角層が損傷すると刺激性接触皮膚炎が発生する可能性が高まります。

②アレルギー性接触皮膚炎

このタイプの皮膚炎は、少量のアレルゲンに触れるだけで発生します。アレルギー反応が出始めると、アレルゲンに微量に触れただけでもアレルギー性接触皮膚炎が発生します。

③光接触皮膚炎

光接触皮膚炎は、光に対するアレルギー反応によって最も頻繁に発生します。皮膚に触れた物質が光に当たると、接触皮膚炎と同様の症状を引き起こします。光接触皮膚炎は、光に晒されることで発生すると考えられています。

④全身性接触皮膚炎・接触皮膚炎症候群

この症状は、接触皮膚炎を繰り返すことで、接触部位だけでなく広範囲に湿疹が出ることを指します。さらに全身のアレルギー症状、例えば喘息や鼻炎、腹痛などが起こり、最悪の場合、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性もあります。

PAGE TOP