大阪吹田市・江坂で美容皮膚科・一般皮膚科なら『江坂クリニック』へ

Instagram(お知らせ)
電話予約

湿疹

湿疹について

 

湿疹とは

接触皮膚炎、通称湿疹は、皮膚が何らかの刺激物質やアレルゲンに触れた結果引き起こされる炎症状態です。これは主に、皮膚の赤み、腫れ、そして痒みやヒリヒリ感といった症状で現われます。

化学薬品を頻繁に扱ったり、水仕事をする人、理・美容師、看護師、飲食や料理、洗い物の仕事をしている人は、職業性皮膚疾患として手湿疹と診断されることが多いと言われています。特に20~30代前半の若者や女性、アトピー性、接触皮膚炎の人々に多く見られます。

しかし、適切な治療と予防により、発症や重症化を防ぐことが可能です。湿疹の症状は多種多様で、それぞれに対応する治療法があります。

湿疹の原因

手湿疹は、その発生メカニズムから主に4つのパターンに分けられます。

刺激性接触皮膚炎

一般的に「手荒れ」と呼ばれるものです。症状は刺激を受けた部分から始まります。主に使う手の指先や手のひら、爪の周囲などで症状が出やすいです。刺激が長期間か、短期間でも強い刺激が原因となります。

化学物質によるアレルギー性接触皮膚炎

症状はアレルゲンに触れた部分から始まります。化学物質に頻繁に触れる美容師、看護師、調理師などの職業の人々に多く見られます。アレルゲンとなるのは金属、ゴム製品、洗剤、髪染め、植物などです。

蛋白質抗原に対する接触皮膚炎

これは上記のアレルギー性接触皮膚炎とは異なるメカニズムで発生します。アレルゲンとなるのは肉、乳製品、魚、野菜、果物などの食品、または動物、花粉などです。

アトピー性手湿疹

自分自身の体質によって花粉やカビなどのアレルゲンに反応します。皮膚のバリア機能が低下しやすい特徴があり、そのため刺激性皮膚炎を同時に発症しやすくなります。

PAGE TOP