大阪吹田市・江坂で美容皮膚科・一般皮膚科なら『江坂クリニック』へ

Instagram(お知らせ)
電話予約

ホクロ

ホクロについて

 

ほくろ(黒子)とは

一般的なほくろ(黒子)は、皮膚の良性腫瘍である母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)として知られています。

ほくろの形や形状、色は、母斑細胞の深さや大きさ、色素の量によって異なります。さらに、年齢とともに、ほくろの数や既存のほくろの性質が変化することがあります。

生まれつきほくろがなかったのに、後から出現することがあります。これは、ほくろが成長・形成されるプロセスにおいて一般的な現象です。

 

ほくろ(黒子)の原因

ほくろ(黒子)は、母斑細胞が集まってかたまりを形成することで生じます。

ほくろには、生まれつき持って生まれるものと、成長過程で後からできるものがあります。生まれつきのほくろには大きなものもあります。通常、ほくろは良性であり、悪性化することはまれですが、稀に20cmを超える巨大な先天性色素性母斑が悪性黒色腫に進行する場合もありますので、注意が必要です。

遺伝的要因に関してははっきりしていませんが、ほくろが多い親を持つ子供はほくろができやすい傾向があるとされています。

PAGE TOP