大阪吹田市・江坂で美容皮膚科・一般皮膚科なら『江坂クリニック』へ

Instagram(お知らせ)
電話予約

手荒れ

手荒れについて

 

手荒れ(手湿疹)とは

手荒れ(手湿疹)は、手のひらや指、手首などに生じる湿疹や炎症の総称です。これには、赤みや腫れ、かゆみ、ひび割れ、皮膚の剥がれ、水疱のような状態が含まれます。

手湿疹(手荒れ)は、水を扱う家事や仕事(たとえば、飲食店、美容院、病院、介護施設などの勤務者)で手洗いが頻繁に必要な方や、洗剤を多用する方によく見られます。主婦や家事に従事する人々にとって特によく知られています。

手荒れの主な原因は、手洗い時の水や洗剤への接触ですが、それ以外にもゴム手袋やプラスチック、ゴム、金属など、さまざまな物質との接触が関与することがあります。

 

手荒れ(手湿疹)の原因

度重なる水仕事やさまざまな摩擦や刺激により、手荒れが引き起こされます。

手湿疹の原因としては、食器用洗剤やゴム手袋、ハンドソープなどが挙げられますが、意外なものとしては、スマホケースや鍵なども関与することがあります。特に、乾燥肌やアレルギー体質、アトピー性皮膚炎の方は、皮膚のバリア機能が低下しているため、手湿疹を発症しやすいとされています。

手湿疹の治療においては、原因となる要因を見つけ出し、それらを避けることが重要です。しかし、原因物質に接触し続ける限り、完全な治癒が困難な場合もあります。

PAGE TOP