大阪吹田市・江坂で美容皮膚科・一般皮膚科なら『江坂クリニック』へ

Instagram(お知らせ)
電話予約

口内炎

口内炎について

 

口内炎とは

口腔は我々の身体の中でも特に活発で、食事や呼吸のために常に外部と接触しています。したがって、食物の粒子が食事を通じて粘膜に当たったり、細菌やウイルスが侵入する可能性がある部分です。口の中は歯肉や頬の粘膜など、さまざまな硬さの粘膜で覆われていますが、侵入した細菌やウイルス、ストレスなどによって炎症を起こすことがあります。これを「口内炎」と称します。

具体的には、口内炎は口の中やその周辺の粘膜、例えば頬の内側や歯ぐきなどに発生する炎症を指します。口の中が赤くなったり、痛みを感じたり、食事や飲み物の摂取が難しくなることもあります。これらの症状は日常生活に影響を及ぼす可能性があるため、早めの対処が重要です。

 

口内炎の原因

口腔内は常在菌が存在し、これと粘膜の保護因子のバランスによって衛生環境が保たれています。しかし、食生活の乱れや睡眠不足、ビタミンや鉄分の不足、疲労の蓄積などで免疫力が低下し、ウイルスや細菌に感染しやすくなります。

また、口腔内の乾燥や不衛生、タバコやアルコールなどの嗜好品が粘膜を傷つけ、口内炎の原因となることもあります。

頬を噛んだり、歯科治療で入れた義歯などの外部からのダメージもリスクとなりますが、これらの関連性はまだ完全には解明されていません。稀に、関節リウマチやガンなどの深刻な病気、または服用薬の副作用が原因となることもあります。

PAGE TOP